複合型教育とは?

個性を伸ばし、才能を開花させ、将来のエリートに

言語的知性や科学的知性、身体運動能力は、早期に意欲的に教育することが重要だと言われています。

そこで、本校が独自に開発したのが「複合型教育」です。

正課授業の後、特色あるアフタースクールプログラムを多数開講し、そのアフタースクールプログラムを「複合型教育」と名付けました。

複合型教育は、正課授業とアフタースクールプログラムの相乗効果による、子どもたちの「可能性の開発」を目的としております。

正課授業でしっかりと学習し、さらにアフタースクールで、子どもが伸ばしたい・やってみたいと思うプログラムを受講することで、 複合的に早期に「可能性の開花」を実現することができます。

 

小学生における可能性の開発には、「子どもたち一人ひとりの現状を把握する」ことが不可欠といえます。

それは、小学生の発達段階において、学習への取り組みや日ごろの生活習慣など、子どもによってその表出が大きく異なる場合が多いからです。

 

子どもたちの豊富な好奇心や探究心を、上手く引き出すことが指導者には求められます。そのためには、毎日、子どもたちと多くの時間を共有している教職員こそ、「子どもたち一人ひとりの現状を把握」でき、「可能性の開発」を育てることができるのです。

本校の施設とプロフェッショナルな教職員のもとで、「複合的に取り組む教育」こそが、「複合型教育」の真髄なのです。